園の方針に合わせた指導|保育士と幼稚園教諭のダブル資格を習得

4年で深く幅広く学ぶ

女性と女の子

子供が好きな人で保育士を目指す人は多くいます。また小さい頃から保育士が夢という人もいるでしょう。保育士は専門の勉強を行ない、国家試験を受けて資格を取得することができ、専門の勉強は短期大学や専門学校で勉強することもできます。短大や専門は2年で勉強し、早く現場に出ていくことができます。そのため保育士を目指す人は短大や専門学校を卒業して、資格を習得し保育園に就職します。実践で学べることも多くあるため、保育士を目指す人にはこれらが主流ですが、より幅広い勉強をしたいという人は4年制大学で学ぶことをおすすめします。2年で学ぶのと4年かけて学ぶのではやはり学ぶことの深さは変わってきます。また実習も時間をかけて多く行なえるので、就職したときにも安心です。保育士は保育士免許を持っていればなることができますが、幼稚園教諭には小学校と同じように教員免許が必要となってきます。大学で学び、「小学校教諭1種」や「幼稚園教諭1種」の資格を取得することもできます。「幼稚園教諭1種」の資格を持っていると将来園長も目指せるので、キャリアアップしたい人は一度この資格のことを調べると良いです。また、障害がある子供達は多くい、臨床心理士や特別支援教育教諭は特に必要とされています。これらも4年制大学では幅広く学ぶことができます。このように大学で幅広く学ぶと保育士だけでなく、より幅広く子供に携わる仕事を選ぶことができるのです。これらは就職した後、転職を考えたときに取得することも可能ではありますが、一度社会人になると学べる時間も十分にとることは難しいため、学生の時に学ぶことをおすすめします。