保育士と幼稚園教諭のダブル資格を大学で習得

自分にあった勉強方法

子供と女の人

通信教育を行ない保育士を目指すこともできます。通信制の魅力は安い費用で自分の都合のいい時間に勉強することができるところです。時間や費用に余裕がある人は短大や専門学校で学ぶとよいでしょう。

もっと知ろう

ダブル資格取得を目指す

学生

幼稚園と保育園の違いは何でしょう。保育園は子供達の身の回りの世話などの保育を行なう場所です。親に変わり、日中生活習慣などを指導します。一方幼稚園とは、子供の教育に関わる指導を行なう場所です。園によって特色はいろいろあり、園の方針に合わせた指導を行ないます。また先生も違います。保育園では保育士の資格が必要ですが、幼稚園では幼稚園教諭の資格を持っていなければいけません。この幼稚園教諭資格には3種類の資格があり、それぞれ取得方法や条件が異なります。1種免許は幼稚園教諭養成を行なう大学を卒業することで取得できます。幼稚園教諭養成を行なう専門学校や短大卒業では2種免許を取得することができます。

また、最近はある特定の保育士の資格保持者に対して特殊な制度も用意されています。3年かつ4320時間以上の実務経験者に対して、通常よりも短い時間で大学で修得する課程を修了することを認める、早期の資格取得をサポートする取り組みです。これは平成26年度から5年間だけの施工なので、この期間に保育士の方は挑戦してみると良いでしょう。これからは国の方針で認定こども園という新しい施設がどんどん作られていく予定です。このこども園で働くには保育士資格と幼稚園教諭資格どちらも必要となってきます。そのため、まだ保育士の資格しか持っていない人は幼稚園教諭資格を取得しましょう。幼稚園教諭課程を扱っている大学や短大、専門学校はインターネットの情報サイトで一覧を確認することができます。自分にあった取得方法でダブル資格を目指しましょう。

転職に有利な資格

男性と女性

衛生管理者はまだまだ資格保持者が少ないため、企業が欲しい人材です。転職を考えている人はぜひ資格を取得してください。試験は比較的合格率が高く、初めてでも十分合格することができます。

もっと知ろう

4年で深く幅広く学ぶ

女性と女の子

保育士になるには、専門学校や短大を卒業して資格を取得することもできますし、大学で学ぶのも一つの方法です。大学で学ぶメリットは深く、より幅広く学ぶことで将来選択できる職業が増えることです。

もっと知ろう